こんなことってあるの?出産のセキララ告白

30歳 女 草むしりで安産

四ヶ月前に第一子をすごく安産で出産した主婦です。

妊娠初期からお腹の張りがすごくて
仕事中もお腹がかちかちになることがしばしば。

仕事を退職してからさぁ~ゆっくり妊婦生活を楽しもうと思っていた矢先、妊娠35週目で切迫早産と言われてしまいました。

個人のおしゃれな病院から救急搬送でNICU(赤ちゃんの入るICU)がある病院に運ばれました。

即入院で生産期に入っていい時まで入院し、37週で退院しました。

入院中は安静な上にずっと点滴、毎日の赤ちゃんの心音確認、張りの検査。

ありがたいことにご飯がおいしかったので、すごく気にしていた体重が入院の間にどんどん増えていきました。

安静だったので唯一の楽しみがご飯の時間でした。

出産を控えたお母さんたちがいっぱいいてて、お腹を触らせていただいたり、生まれたての赤ちゃんを見たりして生活していました。

ほかの妊婦さんのお腹を触らせてもらい、その柔らかさにびっくりしました。

自分のお腹がいかにかちかちに張っていたか、お腹の赤ちゃんがどれだけ苦しかったんだろうと思ったらすごく悲しくなったのを覚えています。

退院してからはできるだけ安静に過ごし、お腹の中の我が子との対面を心待ちに過ごしていました。

切迫早産で入院したのでてっきり早く産まれてくると思ったんですが、なかなか下がってこずに子宮口も検診に行くたびにロック状態と言われていました。

赤ちゃんの頭の大きさからしてもう、3500g超えてそうなので予定日には促進剤使って出産準備に入ろうかと言われていました。

先生は私のことを思って言ってくれたんですが、最近まで早く出て来ては駄目だと点滴を打たれていたのに、今度は早く出ておいでと点滴を打たれるのは可哀想だなと思いました。

そんな中、早く生まれておいで~点滴打たれちゃうよと話しかけながら、床掃除や庭の草むしりを一生懸命して毎日過ごしていました。

予定日前日の夕方庭の草むしり中に破水しました。

急いで病院に行き、陣痛自然に来たらいいねと言われてそのまま寝ようとしてたら夜中、お腹痛いな~でもまだ我慢できるな~と朝まで我慢して過ごしていたら、まさかの子宮口7センチまで開いていてそのまま分娩台へ、2時間後に産まれてきました。

初産なのにすごく安産でした。

ちなみに私が本陣痛に気づかなかったのは、もっと痛い波が来ると思っていたからです。

出産後先生に草むしり頑張ってたからすごく安産でしたね。

お疲れ様でしたと言われました。