こんなことってあるの?出産のセキララ告白

32歳女いきなり運動しすぎて破水してしまった

初めての出産は、破水から始まりました。

32歳だった私は、予定日4日前の検診で運動不足を指摘されたことから、ショッピングモールの階段を何度も行き来したり、ウインドウショッピングをして何時間も歩いたりしていました。

そんな生活を3日程した予定日前日の夜、夜9時頃テレビを見て笑っていたら、じゅわっと破水してしまいました。

びっくりしましたが、入院の準備はしてあったので、そのまま夫と母と病院へ行き、入院しました。

病院に着くと、看護師さんからそのうち陣痛が始まると言われて怖くなったことから、朝まで一睡もできませんでした。

翌日、朝9時を過ぎても陣痛が起きないことから、陣痛促進剤を飲むことになりました。

陣痛促進剤を決まった時間ごとに何回か飲んで、しばらくすると、少しずつ陣痛が始まりました。

最初は我慢できる痛みでしたが、夕方になる頃にはちょっと耐え難いような痛みになり、先生が子宮口の開きを確認しましたが、全く開いていなかったので、外来が終わり次第、緊急手術で帝王切開をすることになりました。

しかしその日は三連休明けの平日、待っても待っても外来は終わりません。

そのうち陣痛の痛みも強烈になり、声を上げて耐えました。

付き添って心配する夫に、「あと何人で外来が終わるか見てきてほしい」と何度もお願いしました。

夫はその都度見に行きましたが、どうやらたくさんの人が待っていたらしく、何度行っても気を使って、
「あと3人だよ」
と、3人から減ることはありませんでした。

やがて先生の指示で陣痛を抑える薬が注射され、夜9時、やっと手術室へ入ることができました。

既に強烈な陣痛に3時間も耐えた後で、体はフラフラでしたが、赤ちゃんの元気な姿を見るまでは絶対に意識は失わないと思い、頑張りました。

手術台に乗ると、部分麻酔がされ陣痛の疲れで意識がフワフワしているうちに、無事赤ちゃんの産声を聞くことができました。

助産師さんが産湯で綺麗に洗われた赤ちゃんを抱いて、私の頬に、
「おめでとう!」
と言って、キスさせてくれました。

とても柔らかい唇がふわっと頬に当たり、目を瞑ったままの可愛い顔を見たら、涙があふれて止まらなくなりました。

やっと会えた赤ちゃんは、私のかけがえのない存在だと、改めて思いました。

後悔していることが一つあるとすれば、運動不足を指摘されて、いきなり体に負荷をかけすぎたことです。

妊娠中に体に異常がない場合は、無理の無い範囲でこまめに体を動かしておくことをお勧めします。